自宅でコーヒーを楽しむための豆知識と美味しいドリップコーヒーの淹れ方

こんにちは、田舎もん坊主です。

このブログでは、スキをかたちにするための気づきやヒントをお届けしています。

今回のテーマは、美味しいドリップコーヒーの淹れ方についてです。

コーヒー好きの方なら自宅でも美味しいコーヒーを嗜んでみたいと考える方も多いのではないでしょうか。

今回は、元カフェオーナーの私が自宅で楽しむコーヒーの豆知識と、美味しいドリップコーヒーの淹れ方をご紹介します。

あわせて、コーヒー初心者の方のために必要な道具もご紹介します。

コーヒーを飲んで頭がスッキリしたという方もいると思いますが、コーヒーには覚醒作用以外にもさまざまな健康効果があります。

是非本記事を参考にコーヒーの基礎知識を身につけていただき、自宅で美味しいコーヒーを嗜んでくださいね。

目次

コーヒーの健康効果

まずはコーヒーの健康効果をご紹介します。

コーヒーに含まれる代表的な成分としてカフェインとポリフェノールがあります。

煎茶や紅茶、ウーロン茶など日常的に飲む他の飲料と比べて、カフェインが多く含まれています。

ご存知の方も多いと思いますがカフェインには覚醒作用があり、頭をスッキリさせて集中力を高める効果があります。

また、利尿効果もあり体内の老廃物の排出を促進させてくれます。他にも自律神経の働きを高めたり、運動能力を向上させたり、心臓の筋肉の収縮力を強化させたりするなど、多彩な効果が認められています。

一方のポリフェノールは、活性酸素などから身体を守る抗酸化作用の強い成分が入っています。

そのため、ポリフェノールには活性酸素が引き金となって起こるがんや、動脈硬化、心筋梗塞、などの生活習慣病の予防効果があります。

さらに、ポリフェノールが紫外線による肌のダメージを防ぐ効果も注目されており、コーヒーを1日2杯以上飲む女性は、紫外線による顔のシミが少ないという実験結果も報告されています。

こんなにも健康効果が高いコーヒーですから、できれば毎日美味しく頂きたいものですね。

コーヒーの豆知識

続いて、コーヒーの豆知識をご紹介します。

コーヒーを嗜むまでの工程

一言で「コーヒーを嗜む」と言っても、その工程には様々なものがあります。

  1. 豆選び
  2. 焙煎
  3. 豆を挽く
  4. 淹れる
  5. アレンジする

の工程を経て、ようやくコーヒーを嗜むことができます。

一般の家庭では、①②の工程を経た③豆を挽く工程から楽しむ方もいれば、挽いたコーヒー粉を買ってきて④淹れ方で様々な味わいを楽しむ方も多いと思います。

①の豆選びから自分で行う方は、お店でもしてない限り余程のコーヒーツーかマニアの方だと思いますので、ここでは割愛します。

本来は豆の剪定が重要であることに違いはありませんが、そこはプロに任しておきましょう。

②の焙煎もなかなか自宅でされる方は少ないと思いますが、豆を購入する際の予備知識として知っておいて損はありません。

焙煎とは

コーヒーの味を左右する大事な工程が焙煎です。

なぜコーヒーに焙煎が必要なのでしょうか。

それはコーヒー豆を適度に加熱することで、成分の変化を促すためです。

コーヒーの原産地から日本に到着するコーヒー豆は、生の状態が一般的で、そのまま挽いてドリップしても味や香りはでません。

そこで必要なのが”豆を煎る作業”です。

これによって豆に隠された成分を変化させ、パワーを引き出すことができるのです。

この”豆を煎る作業”も豆によって焙煎時間を調整しながら理想の味わいに近づけるようにします。

具体的には、浅いと酸味が強くなり、深いと苦味とコクが増します。

この焙煎(ロースト)のレベルは一般的にライトからイタリアンまで8段階あると言われており、煎った時間ではなく色がポイントで、浅煎りほどカフェインが多めに抽出され、深煎りになればばるほどカフェインは控えめとなります。

8段階のローストとは

8段階のローストとは、豆の煎り方によって①から⑧の種類があります。

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

一般的に①から③が浅入り、④から⑥が中煎り、⑦から⑧が深煎りと言われます。

深煎りになればなるほど色は茶から黒に近くなります。

どのロースト豆を使うかは好みによるので、豆を買う際は店員さんに相談して買うのが良いと思います。

ちなみに我が家ではドリップコーヒーは中煎り、エスプレッソやカプチーノは深煎りを利用しています。

ここまでがコーヒーの豆知識となります。

豆を挽くにはミルやグラインダーが必要

焙煎したコーヒー豆を挽く(細かく裁断する)にはミルやグラインダーを使います。

ミルもグラインダーも大きな意味では違いはありませんが、ミルはコーヒー豆を挽く道具全般(手動・電動を含む)を指すのに対し、グラインダーは電動で挽く道具ということになります。

粉の粒のサイズの違いが味に影響する繊細な一面が、コーヒーの奥深さを物語っています。

豆の挽き方

挽き方を大別すると、下記の4種類になります。

  • 粗挽き
  • 中挽き
  • 細挽き
  • 極細挽き

粗挽きは、例えればザラメ糖サイズでコーヒープレスなどお湯に粉を浸透させる淹れ方と相性がよく、抽出に多少時間がかかります。

酸味系が好みの方に適した挽き方です。

中挽きは、一般的なレギュラーコーヒーに適した挽き方で、ドリップコーヒーなどは中挽きで大丈夫です。

丁度ザラメとグラニュー糖の中間程の粒子です。

細挽きは、ちょうどグラニュー糖程度の粒子で、苦味を楽しむのに適した挽き方です。

極細挽きは、グラニュー糖よりさらに細かくパウダー状の粒子で主にエスプレッソやカプチーノに適した挽き方です。

エスプレッソやカプチーノ用に挽く場合は専用のグラインダーを使うことをおすすめします。

豆を挽くときの注意点

手動・電動問わず注意しなければいけないのが摩擦熱です。

特に高速に回転する電動ミル(グラインダー)は、摩擦によって豆や粉が加熱されてしまいます。

熱に冒された粉はコーヒーの命とも言える香りが飛んでしまい、仕上がりの雑味も多くなってしまいます。

あえて手動ミルで楽しむのもありですが、ちょっと手間と時間がかかるので電動グラインダーの使用をおすすめします。

一度に挽く量が多い場合(1、2杯程度なら不要)は、5秒程度で1度止めて、器具を振って熱を散らし、それを数回繰り返すなど工夫することで熱が抑えられ、粒子を均一に挽くことができると思います。

以上のようにコーヒーの味わいを大きく左右するのは、焙煎と挽き方です。

焙煎はプロに任せるとして、挽き方には最新の注意を払いましょう。

あと重要なのが抽出する際のお湯の温度と抽出速度です。

高温で淹れると苦味が強くなり、逆に低温で淹れると酸味が強くなります。

コーヒーの味は挽き方で大きく左右されますので、愛情を込めてコーヒー豆を挽いてくださいね。

美味しいコーヒーを淹れよう

美味しいコーヒーを淹れるには、基本を押さえつつ正しい道具で正しく淹れる必要があります。

押さえておきたい基本と、美味しいコーヒーを淹れるための七ヶ条をご紹介します。

押さえておきたい基本

コーヒーは淹れ方によっても風味が大きく左右されます。

まずは淹れる際のお湯の温度ですが、90°C以上の高温では苦味が強くなり、75°C以下の低温では逆に酸味が強くなります。

注ぐ際のスピードで言えば、ゆっくり淹れると苦味が強くなり、早いと酸味が際立つ傾向にあります。

ではどれくらいの温度でどれくらいのスピードで淹れるのがいいのでしょうか。

好みもあるのでこれが正解というのはありませんが、基本をマスターするという意味では、まずはスタンダードな淹れ方を覚えましょう。

最もスタンダードな淹れ方のポイントは下記のとおり。

  • 中煎りの豆を使う
  • 豆は中挽きで挽く
  • お湯の温度は中温(85°C程度)
  • 抽出スピードは1、2杯なら1分30秒〜2分程度

これにより、豆の個性が程よく現れ、苦味と酸味、コクのバランスが取れた標準的な味わいになると思います。

何回か淹れるうちに慣れてきたら、上記4つを変化させながら自分の嗜好にあったコーヒーの淹れ方をマスターしましょう

美味しいコーヒーを淹れるための七か条

最初から一流のバリスタが淹れるようなコーヒーを淹れることはできませんが、基本の淹れ方のポイントをしっかり押さえつつ、繰り返し挑戦することで、誰にでも美味しいコーヒーを淹れることができるようになります。

下記にご紹介する七か条は、ジャパンハンドドリップチャンピオンにもなった甲田栄二さんが教える理想の淹れ方です。

決して難しくはなく、ごくごく常識的で当たり前のことなので常に意識しながらコーヒーを淹れるようにしましょう!

美味しいコーヒーを淹れるための七か条
  1. 常に新鮮な豆を使うこと
  2. 器具にあたった挽き方をすること
  3. コーヒー粉は適正な分量を使うこと
  4. 適切な水を使うこと
  5. 注ぐ時は優しく乗せるイメージを持つこと
  6. 適切な温度と湯量で抽出すること
  7. 適切で清潔な器具を使うこと

奥が深いハンドドリップですが、これらを身体で覚えることがバリスタへの近道になるでしょう。

淹れ方の種類

コーヒーの淹れ方には実に様々な種類があります。

今回紹介するハンドドリップ(ペーパードリップ)をはじめ、サイフォンはエスプレッソなどカフェでも多様な淹れ方をしています。

ここからは種類別の特徴をご紹介します。

ペーパードリップ

ご家庭で淹れるコーヒーの中で最もポピュラーな淹れ方です。

ペーパードリップの中でも定番なのが「カリタのウェーブ式」という方法です。

カリタ式とは底に3つの穴が空いているドリッパーを使う方式で、お湯の滞留が少なく、早めに濾過されるので、数回に分けて抽出します。

お湯の注ぎ方にさえ注意すれば比較的淹れやすい方式です。

ネルドリップ

ペーパードリップと似ていますが、ネルと呼ばれる布のフィルターを使って、コーヒーを淹れるドリップ方法です。

コーヒーファンから根強い人気のある抽出方法でもあります。

ペーパーフィルターよりもやや深めの袋状のためコーヒー粉が広がらず中央に寄り、厚みのある層を湯がゆっくり通過してゆくので、より濃度感のある抽出液が得られます。

フレンチプレス

フレンチプレスは、専用の器具を使うことで、とても簡単に美味しいコーヒーをいれられるコーヒーの抽出方法です。

香りや味わいなどフレンチプレス特有の風味が楽しめます。

フレンチプレスで淹れたコーヒーは、液面にうっすらとコーヒーオイルが浮き、豆の旨味が凝縮されます。

コーヒー通にはおすすめの淹れ方です。

エアロプレス

空気圧によってコーヒーを抽出する方法です。

ハンドドリップとは異なるため、なかなか慣れないものの、コツを掴めば自宅でも比較的簡単においしく楽しむことができます。

北欧を中心に人気のある淹れ方です。専用のコーヒーメーカーがあれば、時間や技術がなくても手で押すだけで美味しいコーヒーを味わうことができます。

サイフォン

サイフォンは、蒸気圧を利用してお湯を押し上げ、高い温度のお湯とコーヒー粉を浸漬して抽出します。

抽出時間を守れば、香り高いコーヒーが味わえ、慣れると意外と簡単にいつも同じ味わいのコーヒーが楽しめます。

科学実験のような、アルコールランプで幻想的な、目で見ても楽しめる器具の一つです。

水出しコーヒー

水出しコーヒーは「コールドブリュー」とも呼ばれ、水を使って数時間かけてゆっくり抽出します。

器具さえ揃えれば簡単にチャレンジでき、風味もマイルドに仕上がるので、コーヒーの入門としてもオススメです。

ドリップやサイフォン式よりも酸化しにくく、マイルドな味わいを長くキープできるのが特徴です。

エスプレッソ

世界的な人気を誇るイタリア生まれの抽出方法です。

深煎りで微細(パウダー状)に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーです。

普通のコーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで供されるため、デミタスとも呼ばれます。エスプレッソを入れるには専用のエスプレッソマシンとグラインダーが必要となります。

カプチーノやカフェラテ、マキアートなどのアレンジコーヒーはすべてこのエスプレッソがベースとなっています。

エスプレッソは、他の抽出方法とは一線をかくす濃厚な味が世界中で親しまれています。

ペーパードリップに必要な道具

ご家庭で淹れるコーヒーの中で最もポピュラーなペーパードリップ(カリタ式)に必要な道具をご紹介します。

今回ご紹介する製品は、いずれも私も使っているおすすめ品です。


通販ですべて揃えても1万円程度ですので、是非セットで揃えてみてください。

ペーパードリップに必要な道具
  • コーヒードリッパー
  • コーヒーサーバー
  • コーヒーフィルター
  • コーヒーミル または グラインダー
  • 電気ケトル
  • 調理用温度計

上記は必要最低限のモノばかりですが、少し慣れてきたらサーバースタンドや軽量計などの便利グッズを揃えるのも楽しいと思います。

あとは浅煎りか中煎りのコーヒー豆を買えばスタンバイ完了です。


美味しいドリップコーヒーの淹れ方

まずドリッパーやサーバなどの器具は、お湯をかけて温めておきましょう。

ペーパーフィルターをセットし、一人前なら10〜15g、二人前なら15〜20gと人数分に応じて少しずつコーヒー粉の量を増やして投入します。人数に比例して倍倍で増やす必要はありません。

具体的手順は以下のとおりです。

ドリップコーヒーを淹れる手順
  1. ドリッパーの左右を軽く叩き、粉の表面が平になるように調整します。

  2. 沸騰した電気ケトルのお湯を80°C〜85°C程度になるまで冷まし、お湯を粉全体に行き渡るよう注ぎます。湯がムラなく浸透したら注ぐのを一旦ストップし、10〜20秒程度放置し蒸らします。新鮮な豆を使うとふんわりと膨らむと思います。

  3. 蒸らし終わったら、中心から外側に向かって円を描くように再びお湯を注ぎます。ちょうど五百円玉大の大きさをイメージして注いでください。中心は湯の量が多めで、外側を少なめにするのがコツです。

  4. 粉が沈まないうちに再度同じように円を描きながらお湯を注ぎます。ペーパーに直接お湯がかからないように注意しましょう!

  5. お湯は2、3回に分けて注ぐようにします。サーバに人数分のコーヒーが抽出されたら、抽出途中でもドリッパーをサーバーからはずします。

  6. カップは事前にお湯につけて温めてくと良いでしょう。あとはカップに注げばドリップコーヒーの完成です。

今回は動画が間に合わなかったので、Youtubeの”コーヒーギーク -Coffee GEEK-“さんの動画を使わせていただきました。

使っている製品も同じカリタのウェーブ製品なので参考になるかと思います。

1回や2回ではなかなか思うような味わいのコーヒーを淹れるのは難しいかもしれませんが、いろいろ試しながら慣れてくれば自分の好みの味やその手順も自然と身につくと思います。

まとめ

今回は自宅で楽しむコーヒーの基礎知識と、美味しいドリップコーヒーの淹れ方をご紹介しました。

コーヒーの正しい知識や、淹れ方のコツさえつかめば、誰でも自宅で美味しいコーヒーを嗜むことができると思います。
カラダにもいいコーヒーですから、是非マスターしてコーヒー生活を楽しんでくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

本記事が、あなたのスキをかたちにするための気づきやヒントになれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スローライフを楽しむ田舎もんです。
これといった特技はありませんが、
スキなものやスキなことはたくさんあります。
自分の気持ちに正直に
スキをかたちにしていく、
そんな暮らしを大切にしたいと思います。

コメント

コメントする

目次